進化する引っ越し梱包

引っ越しとはいえ基本的には細かい梱包は自分や家族で行ない、梱包した荷物や大型家具の運び出しを引っ越し業者に任せるのが通常です。ただこの細かい梱包作業というのは意外と時間や手間がかかるもので、これに時間を取られすぎて予定日前にどたばたしたという話もよく聞きます。


最近の引っ越しセットは食器も楽

細かい梱包の中でも特に面倒なのは食器などの割れモノ梱包だと言われていました。グラスやお皿は一枚ずつ新聞紙で包んでいく必要があり、時間もかかればごみもでる、その上包装分嵩張り荷物の数も増えるといった食器類は手間のかかるものでした。しかし最近の引っ越しでは緩衝材のパーテーションによって箱の中が仕切られた特殊なコンテナが利用されています。このコンテナは梱包不要でお皿やグラスをそのままいれてもきっちりと固定してくれる上に衝撃にも強い優れものです。このコンテナの登場で特に大家族の引っ越しはとても楽になったといいます。


衣類もクローゼット型コンテナで手間いらず

また食器に次いで面倒だと言われていたのが衣類の梱包です。特に上着やスーツなどは適当に丸めて箱に無理やり詰めるわけにもいかない為、逐一全てを綺麗に畳んで箱にいれていく必要がありました。しかし最近はクローゼット型のコンテナが登場する事によって洋服を全て畳んでいく手間がなくなりました。このクローゼット型コンテナは文字通り開くとハンガーで洋服をかけられるようになっている為、大事な衣類にしわがつく心配がありません。