知っておきたい引っ越し業者の引越約款内容

会社勤めをしていると転勤は避けて通れない定められた道、それに伴い転居も多くなってきます。転居については社内事情や病気などの理由で、引っ越しがキャンセルになったり、移転先が変更になることもあります。引っ越し業者との契約に当たっては、引っ越し作業内容や料金に焦点を当てるだけでなく、業者との契約で提示される引越約款に必ず目を通す事が大事です。引越約款にはキャンセルが発生した時のキャンセル料、既に配達されている梱包用のダンボールなどの取あつかい、余った梱包資材などの引き取りなどの条項がが記載されているので、不利になるような記載があれば修正を要求するなどの対策が必要です。もし違法な内容が記載されているのに気がつき、その修正を拒むようであればよい引っ越し業者とは言えないので契約をしない勇気を持つ事が大切です。

<キャンセル条項の確認>

引越約款には引っ越し日の2日前までに見積内容の変更の有無を確認する事、あるいは引っ越し前日、当日のキャンセル料について定められている条項があるので、必ず確認することが万一の時のトラブル防止につながります。例えば、引っ越し当日だからと言って引っ越し料金の全額を支払う必要はなく、前日であれば引っ越し料金の10%以内、当日であれば20%以内と定められているのが正しい表記です。良心的な引っ越し業者や、なじみの業者であればキャンセルがやむを得ないと判断されれば、引っ越し延期や支払いを免除してくれるなどの協力が得られる場合もあります。