楽器の引越しで気を付けること

引っ越しでは自宅にある荷物をすべて移動させなくてはいけません。その中でも繊細だと言われる楽器類は引っ越しの際に気を付けることは何なのでしょうか?自分の大切な分身ともいえる楽器を梱包するコツなどをご紹介します。


引越し業者に頼むのは大型楽器にしよう

できる限り、自分で運搬が可能な楽器は自分で運搬を行うことをお勧めします。大型楽器などと呼ばれる、ピアノなどは自分で運ぶのは無理ですから、オプション機能などを利用して引っ越し業者にお願いしましょう。振動などだけでも調律がおかしくなってしまう楽器もありますから、もしも不安なのであれば楽器の運搬を専門に扱っている会社などに頼むのもいいでしょう。値段はかかってしまいますが、壊れてしまうともとには戻せませんから、出費は仕方ないものです。


小さな楽器を業者に頼むなら

荷物の都合などで、どうしても自分で運搬することができない場合は、楽器類をまずはハードケースに入れましょう。ソフトケースは持ち歩きやすいですが衝撃などには弱いものです。おすすめできません。そして隙間ができる部分にクッション材などをいれて、衝撃がなるべく楽器にいかないようにしましょう。置く方向などが決まっている場合は、天地をはっきりとさせるテープなども貼ります。目立つ場所に取扱注意のシールを貼って、業者の作業員がわかるようにしておきましょう。