引っ越し荷物梱包のコツ

引っ越しでは家の荷物をすべて動かさなくてはいけません。部屋の間取りなども変わりますが、置く荷物が新居でバラバラになってしまっては、片付けがいつまでも終わりません。そこで、梱包を行うときに少しだけ工夫することで、荷物の判別を楽にすることができます。


新居の間取りを番号管理する

新居で部屋に番号かアルファベットを振りましょう。リビングはA、寝室はBというように部屋ごとに分類するのです。その後、荷物を梱包したときにどこの部屋に置いてほしい段ボールかということを、上と横のわかりやすい部分に記入しましょう。当日は、間取り図に記号をふったものを渡して、このアルファベットのある部屋に荷物をできる限りおいてほしいとお願いすれば、開封する部屋がバラバラで作業が進まないということを防ぐことができます。


荷物を忘れないように通し番号を

すべての部屋をあわせて段ボールがいくつあるのか、それを段ボールにも通し番号として書いておきましょう。部屋ごとの数も把握したいのであれば、Aの部屋の段ボールがいくつあるのか、ということまで把握しておけば大丈夫です。番号で管理することで、引っ越しのいつ荷物がなくなったのか、おろして業者が帰った後にトラブルになるということも避けることができます。