ペットを連れた引っ越し

引っ越しではペットがいれば、ペットも一緒に引っ越しをしなくてはいけません。犬や猫を飼っていると、長距離の移動など不安も多いものです。人間も引っ越しではそれなりにストレスを感じますが、同じようにペットたちも不安なのです。


引っ越し前にホテルに預けるのが最善策

もっとも安心できる対策は、新居付近のペットホテルなどに前日から預けてしまうことです。引っ越しが終わって、作業員も全員帰ってからお迎えに行ってあげましょう。場所が遠い、近くにないなどの理由で不可能な場合は、しっかりとしたキャリーに入れて、お風呂場など狭いところに隔離しましょう。ペットたちは人間の数倍、嗅覚や聴覚が優れています。そのため、作業員の声や知らないにおいで興奮したり、怖がって逃げようとしたりすることも考えられるからです。


ハーネスや首輪には名前と連絡先を

引っ越しのときには、猫にも首輪を付けましょう。猫用にセーフティ首輪というものもあります。木登りなどをして万が一引っかかってしまっても、負荷がかかると首輪が外れるようになっているので、安心です。普段、首輪をしていないとしてもこの時だけは、首輪に飼い主の名前、連絡先などをしっかり記入してあげてください。